任意売却ビジネスの優位性

ビジネスの優位性

任意売却は特殊な不動産取引で、売買や賃貸といった通常の不動産取引とは違い、ニッチな分野です。

しかし『住宅ローン返済ができない場合の救済手段』というその特性上、今後も長期的に需要が増加していくことが予想されています。

しかし、通常の不動産取引とは違う知識や経験が必要になりますので、比較的参入障壁が低いと言われている不動産業界の中では参入障壁が高いジャンルです。

けれどもそれは、任意売却は今後通常の売買・仲介のマーケットがシュリンクしていく中で、中長期的な活路を見出すことのできる数少ないビジネスの1つだと言い替えることもできるのではないでしょうか。

任意売却の優位性

仲介だけでは食べていけない、と囁かれ始めている不動産業界ですが、(それが事実かどうかはさておき)貧すれば鈍するといった状況に陥ることは避けるべきです。

「今のうちに将来の新たな事業の柱を育てておく必要がある」と考えておられる経営者様に、以下で任意売却ビジネスの優位性をご紹介します。

将来性のある市場

住宅ローンを滞納してしまう要因は多くありますが、その多くの方に当てはまるのが「収入の減少」です。

病気、怪我、リストラと思いがけないトラブルに見舞われてしまうケースももちろんあります。
しかしそれ以外にも「平均給与の低下」、「社会保障料の負担増による可処分所得の減少」、「AIの台頭」が叫ばれる今日で果たして今後、現在の収入を維持できる人がどれほどいるのでしょうか。

住宅金融支援機構の開示データによると、三ヶ月以上の滞納から破綻の割合は全体の約5%となっています。
これは20人に一人はローン返済に何かしら問題を抱えているということです。
こうした住宅ローンの遅延率や破綻率はもちろん金融機関によって異なりますが、この事実だけ見ても今後の任意売却市場の伸びが容易に想像できるかと思います。

競合が少ない

不動産事業者数は年々増加を続けており、現在では全国で12万事業者を超えています。

これは単純に競合他社が増加していることを意味します。
ただでさえサービスの差別化が難しいといわれる不動産業界ですが、エリア内の過当な競争により仲介手数料の値下げ圧力が強まっていエリアもあることでしょう。

そんな状況の中でも、任意売却を専門に取り扱っている事業者数はまだまだ少ないのが現状です。
なぜなら任意売却を取り扱うには、専門知識が必要になってくるからです。

逆に言えば、その参入障壁を一度超えてしまえば、大きなビジネスチャンスが埋まっているのです。

任意売却ビジネスを上手く展開していくためには

以下に、任意売却ビジネスを上手く展開するポイントを挙げました。

  • 実務に関する経験・知識
  • 訴求力のある集客ツール
  • 相談者からの信頼性を担保するブランド

まず、何より土台となるのは実務に関するノウハウです。これがなければそもそも任意売却を取り扱うことができません。

次に、訴求力のある集客ツールも必要です。数は少ないとはいえ、地元で任意売却に取り組んでいる事業者と差別化するためには手の込んだパンフレットなどのツールが必要不可欠です。

そしてなにより、相談者に安心してもらえる「何か」が必要です。
多くの場合、それはその会社のブランドであったりメディア出演履歴、代表者の権威性であったりします。
住宅ローンが払えない、といった通常とは異なる心理に陥っている方々に「ここなら私の不安を受け止めてもらえる」と思ってもらえるブランドが重要です。

加盟に関する資料について

さて、ここまで任意売却というビジネスの優位性、ビジネスを上手く展開していくためのポイントを解説してきました。

言葉にするのは簡単ですが、新たに1から事業をスタートさせるには、時間や労力など多くのコストが掛かります。
そこで全任協では認定加盟店制度を設けました。

本認定加盟店制度は加盟店様の任意売却事業のスタートアップを応援し、自社集客をサポートするものです。
これから任意売却を始めたいと考えられている事業者様や協会のブランドイメージを上手く活用して集客をしたいといった事業者様はぜひご加盟をご検討下さい。

加盟に関する資料は下記フォームよりご請求頂けます。
お気軽にお問い合わせ下さい。